青葉台クリニック   (広島県福山市) 2011/7 竣工


ピロティ道路側外観エントランス待合から受付を見る待合点滴静養室検査室診察室診察室横中庭

この建物は、内科と整形外科の診療を行うクリニックとして、住宅地の一角に計画された施設です。

患者のプライバシーの確保のため、外部からの視線を遮る一見閉鎖的な建物ですが、内側に3つの中庭を持ち、働く人も患者さんも、この建物の中で常に緑が目に入ってくるように計画しました。

救急車も十分寄り付ける大きなピロティの下からエントランスを入ると、正面に受付、斜め前に中庭を見ながら、左側に天井高のあるゆったりとした待合、右側に診療スペースが広がります。診察を待つ間も、診察室の扉と壁を前に待つのではなく、中庭の緑を眺めて心地よく待っていただけるように配慮しています。

診察室に入っても、先生の後ろ側に中庭が見え、診察を受ける際にも閉鎖感のない、ほっとできる空間になっています。


写真:市川かおり

クリニックのホームページ:http://www.myclinic.ne.jp/aobadai_hp/pc/index.html


KenNagao & Associates Architectural Design Studio 2014