安濃の家    (三重県津市)  2015/07 竣工


玄関玄関ホール改修後外観改修前外観リビングキッチンからダイニングを見る

この住宅は津市の西部にある、農村集落の中にあり、このあたりで多く見られる農家の形式で80年ほど前に建てられた木造2階建の住宅を改修したものです。

田の字の座敷の間取りのうち、裏側の二間をそれぞれ、洋間の寝室とリビングに変更し、キッチンやダイニングとの間にあった複数の段差を整理して、座敷から1段までの段差に収めました。

玄関の間口が狭かったため、少し広げてL型に上框を配置し、正面には、やわらかい造形が特徴的な組子障子が入った書院窓をしつらえました。

同じような民家が立ち並ぶ集落の中に立地するので、外観は既存のイメージを敢えて変えないようにし、劣化した瓦の葺替え、左官壁の塗り直し、焼板の張り直しとサッシの変更にとどめました。


KenNagao & Associates Architectural Design Studio 2014