横浜新町の家    (高知県高知市) 2015/8 竣工


庭を見下ろす全景東側外観北東側外観L字に囲まれた庭子世帯スタディコーナーよりリビングを見る2階から子世帯リビング見下し階段からスタディコーナーを見る子世帯キッチンから共有ダイニングへ共有ダイニングと畳コーナー畳コーナーより子世帯キッチン子世帯の屋内空間に続く庭のデッキ洗面脱衣室玄関シューズクロークウォークインクローゼット子供部屋よりリビング吹抜子供部屋

この住宅は、高知市の南部、桂浜に近い高台の住宅地にある両親が住んでいた住宅を、2世帯住宅として建て替えたものです。

既存の掘り込み車庫を残しながら、2世帯住宅として必要な建物規模を確保するために、L型の配置計画としました。以前は車庫の横から階段で玄関へ向かうアプローチとなっていましたが、敷地との高低差の少ない北側からに変更し、玄関を入って左側が両親の生活スペース、右側が子世帯の生活スペースと振り分ける動線計画を行なっています。

2世帯住宅としてのプランニングですが、この家族の生活にあわせて、共有のダイニングに面してそれぞれの独立したキッチンを持つという形を取っており、それぞれのリビングは独立した形になっています。

子世帯リビングから2階の子供部屋へ上がる途中、リビングより2段上がった踊り場的な部分に家族皆で使えるスタディーコーナーを設けることで、平面的にも断面的にも空間の変化を与え、楽しさと快適性、利便性のある空間になるようにしました。

KenNagao & Associates Architectural Design Studio 2014