下立杭の家     (兵庫県篠山市)  2010/11 竣工


南東側外観南側外観東側外観外観玄関階段廊下居間居間2寝室納屋

この住宅は、日本六古窯の一つ、立杭焼の窯元が集まる山間の集落にある、築80年の母屋がある住宅の敷地内に親世帯が住むスペースとして増築したものです。

いぶし瓦の連なる集落の景観を壊さぬよう、高さを変え2方向に流れる方流れ屋根をいぶし瓦で葺いています。

1階は玄関、ホールと2台分の駐車スペースと納屋となっており、2階に主な生活スペースを設けています。東側の山の景色が家の中のどこからでも見え、自然豊かな環境の中の暮らしを満喫できます。すぐそばを流れる小川の蛍も家の中から観察できます。


KenNagao & Associates Architectural Design Studio 2014